★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<<<お知らせ>>>
このブログの子ブログができました。気が向いたら見てください。
育児関係の記録とは全く関係ない、愚痴やぼやき、ラーメン
などをそっちに記録したいなぁと思っています。
個人的趣味嗜好・・・なので、よろしくお願いいたします。

コチラ>>>憂鬱平凡スピンアウトblog


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
オススメ育児関連情報おまとめサイト
>>PP-SHOPはコチラ<<


Twitterアカウント開設しました♪ @ppnetlink です。どうぞよろしく。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2015年09月08日

とうとう・・・・掻把手術決定【係留流産診断日】

8月29日(金)に流産の可能性をしてきされて・・・
あれから、しばらくぼーっと日々の生活を送りました。一週間後の9月2日(木)の検診では少し赤ちゃんが見える。まだわからないからもう一週間様子を見ようと言われ、その後4日後出血が始まりました。

「出血があったらすぐに来てください。」

と言われていたので、9月7日(月)午後(仕事中)出血らしきもの(茶色いおりものみたいなもの)が出てきて軽い腹痛があったので、病院に電話しました。

「電話ではすぐ来てください。診察しないとわかりません。」

と言われました。会社には言いたくなかったので、そのあと必要な仕事をあわてて片付け、会社を出て、タクシーに飛び乗りました。

こわい・こわい・どうしよう・・・と不安の時間は長いものです。

病院に付くとすぐに検診して、

「やはり育ってませんね、手術になります。」
「ご主人はいつこれますか?」
「誰にでもよくあることなので、18%の妊娠はこのようなことがあります。」
「だから気にせず手術を受けて、2回生理が来たらまた妊娠できますのでね。」
「手術の説明を検査の後しますので、待合でお待ちください。」

このような会話を覚えています。ちょっとぼーっとしていたかな。

気持ち的には「は〜〜〜〜〜〜〜ぁ、手術か。は〜〜〜〜〜〜ぁ、だめだっかか。」

というような心情でした。悲しいのと・複雑なのと・よくわかりませんでした。
だけど、前に進まなければいけません。そんな気持ちの持ちようでした。

採血をして、止血剤を打ちました。
明日多量の出血があった場合は、明日の朝、多量出血がなければ明後日の朝に来てくださいとのこと。
車・自転車を運転してこないでください。一人で来ないでください。という説明もありました。
麻酔手術をするそうです。

ネットで調べたら海藻!?(ラミナリアというらしい)を事前処置で挿入すると書いてあったけど、そのような説明はありませんでした。

手術説明(夫同席)

同意書提出

麻酔

手術

休養(院内)

午後には帰宅

のスケジュールになるようです。手術処置費用は2万円とのことでした。

私の初めての流産経験。ネットで検索すると多くの人が同じようなことを経験されているようです。皆さんお辛い体験をされて、だけどまた多くの人がそれ以降妊娠出産を無事に終えているようです。大変励まされる記事が多いことに感動しました。

私も明日わたしのbabyとお別れをします。また次の新しい命と出会うための準備です。
そして、私の体験もお別れするbabyとの思い出として記録しておきたいなと思いました。もしも誰かのお役に立てれば嬉しい限りです。別の記事にエコー写真と共に記録したいと思います。そして頑張ります。


posted by pikumama at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 検診・通院・教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。