★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<<<お知らせ>>>
このブログの子ブログができました。気が向いたら見てください。
育児関係の記録とは全く関係ない、愚痴やぼやき、ラーメン
などをそっちに記録したいなぁと思っています。
個人的趣味嗜好・・・なので、よろしくお願いいたします。

コチラ>>>憂鬱平凡スピンアウトblog


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
オススメ育児関連情報おまとめサイト
>>PP-SHOPはコチラ<<


Twitterアカウント開設しました♪ @ppnetlink です。どうぞよろしく。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2018年05月26日

ごめんなさいと謝るということについてと許すこと


この記事を読んで謝罪について改めてかんがえた。
謝るということ。ごめんなさいという気持ち。

旦那や子供に置き換えて考えると、私の怒りが収まらない根本はここにあるのではなかろうか?

ごめん。

言えばいい節がある。言ったらおわり、言ったら満足。言われたら納得するだろう。

と相手はおもってるんだと気づいた。

ちがうよ。誠意だよ。

誠意ってなんだ!?心から反省の意を示すことなんだ。あーこの人私の気持ち汲んでくれたんだ!と思わせることなんだよ。

私もそれはできてないかもしれないけど。

多くの大人が謝ったら許してもらえると思っているのだろう。ごめんという謝罪行為メディアやネットのフィルターがかかり、距離のある人には伝わらないよ。

許すという意味の深さ改めてかんがえる。
しかし日大の宮川さんの謝罪は多くの人に伝わった。自分の犯した過ちを認め自分の退路を断つ覚悟を見せたからだ。これぞ謝罪の意なのかもしれない。

ここまで家庭では求めないけど、せめてお母さん本当に申し訳ないからこういう気持ちで頑張るよという態度を示せるようになってほしい。

その教育ってどうしたらいいのだろう。。。



posted by pikumama at 11:36| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。